会社概要

業務執行社員

間 陽子

研究代表者 獣医師 獣医学博士
獣医学・ウイルス学。東京大学農学部地球規模感染症制御学講座 特任教授
理化学研究所・東京大学において、BLVのワクチン、診断法と治療薬を開発し、国内外の30の特許出願の実績。
2024年日本農学賞をはじめ、数々の受賞歴を持つ。
220あまりの原著論文の中から今回は4件の論文をピックアップし、それらをシーズとして社会実装の実証実験を行う。
本事業の統括と技術の提供・開発

システム部門 塩谷 渉

セブンアンドアイホールディングスから独立し、生命保険・損害保険・飲食店・美容サロンなどの事業を手掛けるソリューションアーキテクト。現在は複数のコンビニエンスストア店舗の運営と美容サロンの運営顧問の傍ら、代表社員の高馬とともに、コロナ禍においての学術集会のバーチャル空間の構築、医学部大学教育におけるメタバース技術を用いたバーチャルオペ室の構築に携わる。

管理部門 間 弘子

獣医師 獣医学博士
獣医麻酔学・運動生理学。
日本中央競馬会において、獣医師として競馬の運営および競走馬臨床に携わるとともに、馬の麻酔学および運動生理学の研究を実施し、多くの科学論文の投稿および学術集会を主催した。東京2020オリンピック・パラリンピック大会では獣医サービスマネジャーとして大会運営を行った。
本事業の技術の提供・開発補助

高馬 久枝

システム開発・経営学。
大手食品会社にて広報担当およびWindows以前のファクトリーオートメーション構築、全国水道管マッピングシステムの開発、大手建築会社JVにてダムのグラウト圧試算システムの構築、企業の業務管理システム、2社の金融企業のセキュリティシステム、医学会の論文投稿管理システムなど、30年以上システム開発に従事。医学会のシステムを用いた学術集会運営・会計歴 1000以上 経営歴15年以上。

顧問

髙井 伸二 (北里大学 名誉教授)

太田 亟慈 (犬山動物総合医療センター)

松本 安喜 (東京大学大学院農学国際専攻 国際動物生産学講座 国際動物資源科学)

中村 成幸  (元農林水産省動物医薬品検査所)

和田 智之 (理化学研究所光量子工学研究領域光量子技術基盤開発グループディレクター)

竹嶋伸之輔 (十文字学園女子大学  人間生活学部 食物栄養学科)

アドバイザー

下地 善弘  (国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門)

商号合同会社 MHCリサーチ
設立2020年7月
本社所在地〒150-0011 東京都渋谷区東2-9-6-110
活動拠点〒153-0041 東京都目黒区駒場4-6-1 東京大学駒場Ⅱキャンパス
       生産研内 KOL205
事業内容1 インターネット及びコンピューターシステムを利用した情報ネットワークに関するソフトウェア並びにその関連機器の企画、研究、設計、開発、制作、販売、賃貸、運用、保守及び管理
2 臨床検査および公衆衛生に関する各種検査
3 臨床検査用機械機器および設備ならびに医療用具の販売・レンタル
4 動物の診療および健康診断に必要な検査
5 動物医療検査および環境検査に関するコンサルティング業務
6 動物用医薬品等(動物用医薬品、動物用医薬部外品、動物用体外診断用医薬品、及び動物用医療機器)の研究開発
7 食品および環境衛生に関する検査
8 医科器械、理化学器械、分析器械及び機械機材の賃貸業
9 環境技術関連製品の企画・販売・コンサルティング
10 文書作成事務、秘書・受付・通訳・電話受信発信事務、事務用機器・通信機器の操作、システムプログラミング等の業務処理の請負業
11 広告、宣伝、マーケティング業務、各種イベント業務および映画・ビデオソフトの企画・制作業務
12 書籍、雑誌、その他印刷物および電子出版物の企画、制作ならびに販売
13 上記に必要な企業および人員の選定・コンサルティング
14 前各号に付帯関連する一切の事業
代表代表業務執行社員 高馬 久枝
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP